中国のエゾネギ

精力剤ニュース

中国のエゾネギ

エゾネギは中国ではチャイブと呼ばれていて
このチャイブは非常に栄養価が高いものです。
チャイブの中にはビタミンCや鉄分が豊富に含まれているのが特徴で
貧血予防に良く使われています。

またこのハーブには食欲を増進し消化を助ける作用があるので
食前、食後にハーブティーとして飲むと効果的です。

風邪やインフルエンザ予防にも有効です。

チャイブは北半球の温帯から寒帯にかけたヨーロッパ、アジアが原産で
ユーラシア大陸や北米に多く分布します。

チャイブの学名は
属名Alliumはラテン語で“匂い”を意味するAlereに由来していて
種名Schoenoprasumはギリシャ語で
“イグサ”を意味するSchoinosと
“ニラネギ”を意味するPrason
を合わせた言葉に由来すると言われてます。

中国では古くから料理、薬用に使用されていて
あのマルコポーロも中国に渡ってからは
しばらくこのハーブに夢中になっていたという記録があります。
中国では植物の中の宝物とまで言っていたくらいです。

チャイブは半日陰でも丈夫に育ちます。
水はけがいいのでやや湿り気のある肥沃な土壌を好みます。

高さは20〜40センチほどで生長して
初夏には先端にかわいらしいピンク色の丸い花を咲かせます。

copyright(C)精力剤ニュース